理由

できない理由をあげるのは簡単。

できる可能性、それが小さくても試してみる方が100倍も生産的。

無理、不可能では、それで終わり。

少しの明かりでも見つけられたら進むことはできる、手探りでも。