金の卵

集団就職で故郷を後にした金の卵と称された少年は、

後期高齢者となった。

膨大な人数だ。

高度成長期を支えた人たちだ。