仮の宿

人生仮の宿だと考えると、

現在の自分は世を忍ぶ仮の姿でしかない。

好きにすればよいのだ。

それしかない。